2006年6月 1日 (木)

ヤマネ工房

02 「 ヤマネ工房製のモビルスーツは化け物か!? 」

私の大大ファンであるガンプラサイト”ヤマネ工房 ~ガンプラ製作所~”さんに私の大好きな機体”MGグフ”の製作代行依頼を出しました!!!! そして遂に完成!! そのヤマネ工房驚異のテクニックを以って製作されたMGグフ(ランバ・ラル専用機)の勇姿をご覧下さい!!!

続きを読む "ヤマネ工房"

| | コメント (428) | トラックバック (117)

2006年5月26日 (金)

遂に入手! ジムスナイパーカスタム改造パーツ

1_53  念願かなって、老舗”B-club”より発売されて絶版となっている”1/144 Scale HGUCジム用 ジムスナイパーカスタム改造パーツ” を入手することができました!! 

 

 

 

 

続きを読む "遂に入手! ジムスナイパーカスタム改造パーツ"

| | コメント (385) | トラックバック (248)

2006年5月19日 (金)

ガンプラEXPO2006

1_45 ガンプラ初! 大型イベント開催決定!!

夏に”ガンプラEXPO”なる、ガンプラのイベントが開催されるそうです!

 

 

 

 

続きを読む "ガンプラEXPO2006"

| | コメント (2) | トラックバック (7)

2006年4月 7日 (金)

新型機開発 <MGキャスバル専用ガンダム>

1ca  先日お伝えした、ガンプラ製作<キャスバル専用ガンダム> が完成致しました !!

出来はいかに..............

                                                      

続きを読む "新型機開発 <MGキャスバル専用ガンダム>"

| | コメント (4) | トラックバック (32)

2006年3月28日 (火)

新型機開発 <MGキャスバル専用ガンダム>

060328_2310  先日のHGUC グフに引き続き、” MG キャスバル専用ガンダム”を購入してきました。 

 先回の記事で紹介した ”グフ製作” を放棄した訳じゃありませんので、最初に説明しておきますね(笑)

 何故、購入したかというと、グフ製作はただ今” 接着剤の乾き待ち” なのでその 待ちの期間 や、これからのグフ製作の工程の合間にグフと同時進行で進めていこうかなと思い、 購入しました。 

 このキャスバル専用ガンダムというのは、ご存知 ゲームソフト” ギレンの野望”から生まれた機体で、 シャア・アズナブルこと、 キャスバル・レム・ダイクン がジオン公国軍に反旗を翻し、 ネオ・ジオンを設立し、 この機体に搭乗したというゲームの中の設定で、そのネオ・ジオンの技術者がRX-78-2を解析し、 独自のアップデートを施した.................というものであります。 ただ、RX-78-2のカラーリングを赤くしただけと思ってもらっては困ります(笑) 。 この機体の性能はRX-78をはるかに凌駕するのですから。 まあ、詳しい設定に関しては、ギレンの野望などの書籍を調べていただければ、 より一層おわかりになると思います。

 第一印象、「 赤いガンダム なんて.... 」 と思っていましたが、 見るたびにだんだん心惹かれていく自分がいました(笑)  世間的には、賛否両論あるみたいですが、私は断然 ”肯定派” です!!

 このキットはMGシリーズのRX-78-2 Ver.1.5の成型色を替え発売されたものなので、 出来栄えがいいのは当たり前なのですが、 一つだけ納得できない事があります! それは.............ガンダムシールドにクロスマークが付いているという事です!! 「 これは、設定とは違うではないですかー!」 

まあ、仕方ないですね(涙) 大好きな機体なので許すとしましょう。 それにしてもMGの箱のCGはどの機体を見てもかっこいいですね!

このキットは、素組み ・ 部分塗装 ・ スミ入れの三点セットで仕上げたいと思っております! 色々なポーズを決めて遊びたいです! 完成したらお伝えしようと思っています。 

| | コメント (380) | トラックバック (37)

新型機開発 <HGUC グフ>

060327_0019 <ガンプラ製作>

HGUCキット、 グフを購入してきました。 

私ギレンは、 ガンプラ製作はちょくちょくやるのですが、あまりスキルもないため最近は、 いわゆる” 素組み”で仕上げていたのですが、 完成度にいつも不満がありました。 もちろん素組みに関していえば、これはこれで魅力はあると思うのですが、 このリアルさに欠けるプラスティック感が悲しいのです。 シールなどで、 色分けを再現させるのもなんだか.....と常々思っていました。  では、 かっこいいガンプラを作るためにはどうしたらよいかを考えると、 やはり塗装は必須であり、 塗装をもっとも美しくするやり方....エアブラシと行き着く訳です (あくまで個人的な解釈です) 。  キレイな塗装をしたくて幾度か、エアブラシ&コンプレッサー&塗装ブース購入を目論んだのですが、 経済難のためなかなか資金を捻出できずにいるのです。

 私がガンプラを始めたのは小学生の頃と、ガンプラに目覚めるのは早く、 塗装までもつたないながらやっていました。 何故なら、その頃のガンプラは今のように細部まで色分けなどされていない、質素なものだったので(今考えると)、 塗装・色分けは必須でした。    なので、筆塗り塗装は中学生頃からやっていた訳ですが、 知識も乏しかった故に、 水性カラーで塗っていて、なかなか乾かないわ、 ベタ塗りだし、ムラになるわで、 完成度は極めて低く、 上達しない自分のスキルに、 いつしか挫折してしまい。 ” 素組みのギレン”が誕生してしまったのです(笑)

 先日、近所のホビーショップにでかけると、とてもとても綺麗に塗装された HGUCシャア専用ザクが飾られていました。 「 かっこいいなー、こんな風にに製作できたらな 」と思っていると、プラモとともに展示してあるコメントに目をやると なんと” 筆塗りで仕上げた”と書いてあるのです!

それを見たとき、驚きと同時に変な高揚感が湧いてきて、「これだ!」と決意しました。 エアブラシがなくとも、「筆塗りでやってやると!」  ” 下手でも下手なりに、時間をかけ、魂を込め、グフを製作してやれば、なんとかなるんじゃないのか”と。 少々安易ではありますが、 要は素組みばかりではなく、たまには「 色塗りもしてみよう! 」的な発想ですw 

という訳で、不定期ではありますが、” グフ製作記” を紹介していこうと思っております。 コンセプトは とにかくキレイに丁寧に、ランバ・ラル氏に乗っていただくつもり(笑) で製作していこうと思っております。

昨日、各パーツの”ゲート処理” と ”つなぎ目消しのためのパーツの接着” を行いました!

060327_0027 これはモモのパーツですね。  接着面にたっぷり接着剤をつけ、力強くはめ込む! 接着剤をたっぷり塗り、はみ出させるわけですね。

 

11 取り敢えず、全てのパーツの切り離し、 接着が完了しました。 一時間ちょいくらいかかりました。  こうやってあらためて見ると144/1のプラモのパーツ一つ一つって小さいですね。 写真見づらいですが、バリを箱の上に落としたので、 散乱しておりますが、ご容赦下さいw

後は、接着面の乾燥を待つため、二、三日放置しておかねばなりませんね。 次は、つなぎ目消し作業と、表面処理をやりたいと思います。 ガンプラモデラーのみなさま、筆塗りや製作において、いいアドバイスなどありましたら教えて下さい!!

 

 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

新型機の開発!<ガンプラ、HGUCドム>

1/144 HGUC MS-09 ドム 黒い三連星トリプル・ドムセット Toy 1/144 HGUC MS-09 ドム 黒い三連星トリプル・ドムセット

販売元:バンダイ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

私、ギレンはガンプラ製作も行っていて、先日、上記の商品を購入しました。 私のガンプラ製作といってもいわゆる 「 素組み & スミ入れ & 部分塗装 」 という作業のみなのですが、今のガンプラはパーツの成型色の色分けがなされており、普通に組み立てるだけで見栄えのするガンプラが出来上がってしまうという、バンダイの恐るべき技術にただただ感心するばかりです! このドムは三体で一セットになっておりガンダムファンなら一度は口にしたことのあるであろう ガイア・オルテガ・マッシュら黒い三連星の「 ジェットストリームアタック!!! 」の再現が可能な訳です!! 私と同じガンプラ初心者の方や、「ひさしくガンプラなんて作ってない」という方などに是非ともオススメしたい一品です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)